活用シーン

AR(拡張現実)を活用して、新たな集客アプローチを!

ARの中には、3DCGやアニメーションを駆使し、位置情報を元に立体的に飛び出させるものなど、制作にコストがかかるケースもあります。
WEB to ARが目指しているのは、値段や難易度が高い技術の提供ではなく、低価格で早く、何よりもシンプルにARコンテンツを作成・利用できるサービスの提供です。GPS機能による集客・回遊率の促進、スタンプラリーによるイベントのお手伝いも。アクセスログ取得で効果測定も可能に。
ARサービスで「音」や「動き」を配信することで、最終的に、WEBサイトへと誘導します。

  • 紙面が動く!!サムネイルの続きを見せる!!

  • クロマキー処理で
    サブカルチャーと記念撮影!!

会社案内やパンフレットの新しい形!

「もっと商品のことを知ってほしい」「会社の魅力をしっかりPRしたい」そんな想いに応えるツールとしてARをご提案します。紙面の場合、どうしても割愛せざるを得なかった情報があるはず…。ARは、伝えたいことを余さず伝えられる、新しいプロモーション方法です。どんな言葉よりも、どんな写真よりも魅力的に情報を伝達します。

これからはDMにも動画の時代!

暑中見舞い、年賀状、DMなど、お取引先へお手紙を出す機会は意外と多くあります。ただの宣伝と取られるか、魅力的だと取られるか。その差は、ほんの少しの工夫です。ARを活用するか否か、実はそこが分かれ目。ARではがきに動画や音声のメッセージを載せれば、そこに付加価値が生まれ、提案の確かな後押しとなるでしょう。

カレンダーもビジネスチャンスに!

お年賀などのノベルティとしてカレンダーを利用するなら、そこに新しい可能性を与えてみませんか?ARを掲載すれば月ごとでも日ごとでも、新しいキャンペーンなどの情報を発信することができます。せっかくお渡しするのなら、配って終わりではなく、リピーター獲得につながる告知ツールとして活用しましょう。

情報誌・広報誌の読者獲得にも最適!

情報誌や広報誌は、読んでもらわなければ意味がありません。今までと同じやり方では新たな読者を獲得するのは困難です。ARを活用して、キャンペーン告知やクーポンを発行すれば、広告としての価値が上がり、継続的な読者を得ることができるでしょう。WEBとの連動なども容易に行えるため、何よりも大切な情報の鮮度も保たれます。

施設・住宅情報は、内観をより正確に!

施設や住宅などの建物情報を伝えるには、間取りや内観の写真を掲載するのが一般的な手法です。その中で他社との差別化を図るには、より精緻な内観情報を発信する必要があります。ARならチラシや紙面に載せることのできない、建物の設備、内観、雰囲気、周辺情報などをしっかりと立体的にアピールすることが可能です。

臨場感あふれるポスター制作!

イベントやコンサートのポスター制作で重要なのは、臨場感を伝えること。「素敵な雰囲気…行ってみたい」「こういうノリ、好きだな」という共感を呼ぶには、アーティストや主催者の持つ、“味”を伝えるのが一番です。ポスターにARで過去のライヴ映像や、特典映像などを掲載すれば、集客につながる大きなアピールとなるでしょう。

SALE情報は購買層へしっかり伝達!

興味のない人に呼び掛けるよりも、元から興味を持っている人にアピールをした方が、確かな売上につながることは自明の理です。ショッパーや、ポイントカード、会員証などにARを掲載すれば、シークレットセールやお得なキャンペーン情報を購買層に直接届けることができます。定期的な最新情報の発信なども、集客率向上に効果的です。

町おこしやご当地めぐりにも一役!

観光地や道の駅、サービスエリア、テーマパークなど、初めてそこを訪れる人が楽しめるように、ARを活用してみませんか?イベント情報の案内や、史跡のナビゲートができるのはもちろんのこと、かざすだけで英語や中国語などの音声コンテンツを配信できるので、海外のお客様にも観光を満喫していただけるでしょう。

博物館・美術館をARでもっと身近に!

ARマーカーを活用すれば、展示作品の解説・案内も容易に行うことができ、観覧者により深い関心を抱いていただけるはずです。また、家族やグループ向けの催事として、展示作品に関するクイズなどを出題するのも集客には効果的。スマートフォンをかざすだけで手軽に回答を得られるので、楽しみながら館内をめぐってもらえるでしょう。